スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山

6 DSC_0036

 さて問題です。

 日本には現在、いくつ世界遺産があるでしょう。

















 …正解は、16箇所◎


 国土が小さいわりに結構世界遺産があるなと思います。

 そんな中でも、関西は、

 姫路城、古都京都の文化財、古都奈良の文化財、法隆寺、熊野古道と

 たくさん名所があります。

7 DSC_0038

 その中のひとつ、熊野古道の中に高野山が含まれている様で…



 紀伊山地は、神話の時代から神々が鎮まる特別な地域と
 考えられていました。中国から伝来した「仏教」も、
 深い森林に覆われた紀伊山地の山々を阿弥陀仏や
 観音菩薩の「浄土」に見立て、仏が持つような能力を
 拾得するための山岳修行の舞台としました。

 その結果、紀伊山地には、それぞれの起源や内容を異にする
 「吉野・大峯」、「熊野三山」、「高野山」の三つの「山岳霊場」と
 そこに至る「参詣道」が生まれ、都をはじめ全国から人々の訪れる所
 となり、日本の宗教・文化の発展と交流に大きな影響を及ぼしました。

 『紀伊山地の霊場と参詣道』は、三重、奈良、和歌山の三県にまたがる
 「紀伊山地の自然」がなければ成立しなかった「山岳霊場」と「参詣道」、
 及び周囲を取り巻く「文化的景観」が主役であり、
 世界でも類を見ない資産として価値の高いものです。  

 (高野山真言宗 総本山金剛峰寺HPより)


 とのことです。


 そんな由緒正しい高野山へ、

 久々全員集合の5人で自然に触れてきました。

3 DSC_0020

 そもそもなぜ高野山なのか。

 それは数週間後にあるビッグイベントの前夜祭とでもいうべきか…

 普段運動不足な私たちなので、

 ちょっと山登ろうかとなった訳です。

4 DSC_0032

 ところが、あまりにも不安要素だらけなので、

 今回は文明の力を使って、

 ロープウェイでするする昇ろうかという
 
 なんともゆるい遠足になりました(笑)

1 DSC_0009

 上に昇って、参道を歩くと、たくさんの歴史上の人物の

 お墓があったり、

11 DSC_0062

 「写真業界」の方の慰霊碑があったり、

5 DSC_0035

 神聖な空気に満ちた、凛とした場所でした。

8 DSC_0051

 そして、高野山といえば空海。

 その空海がいる場所へ。

9 DSC_0052

 残念ながら、ここから先は撮影禁止。

 他の場所とは違う、力強さを感じる所でした。

10 DSC_0054





 そして、お茶休憩しながら、やってきたのが金剛峰寺◎

 そんな有り難いところで、私たちがやったこととは…

16 DSC_0114

 「せーの!」の掛け声で、合わせて跳ぶ4人。

 そして、それを必死で撮影する私。

 28歳が5人も集まって何をしているのか。。。

 でも、とても楽しかったです(笑)

19 DSC_0121

 最後はどしゃ降り、落雷の中を走って帰るという

 大変なことになりましたが、

 久々の5人はやっぱり良いなーと思う一日でした。



 これが、何の前夜祭、練習だったのかは、

 後の回でわかることとなるでしょう◎



スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。